【みんな個性的!】

ある方がこんなお話をしてくださいました。


その方はご自分の髪のクセが嫌いで、毎朝髪の毛と格闘し
美容院でクセの出ないようなカットをしていましたが
どうも気に入りません。

大好きな女優さんと同じにしたいのにまるで違う・・・

ある時、そんな悩みを聞いた美容師さんは

「後頭部や頭頂部はとてもいいクセですよ。
それに前髪だってそんなに悪くない。
このクセを生かしたカットにしましょう。」

そうして出来上がったヘアスタイルはとても新鮮で、
今までとは違う自分が鏡の中にいました。
おまけにクセを生かしたから手入れも楽です。

その方はその日から鏡を眺めるのが楽しくなり、
ご自分のことが一層好きになったそうです。

***************************************************************

自分の性格や心の癖がとても嫌いで、
それを直そうと何かを我慢したり、
自分にとって無理な行動をやろうとしたことはないでしょうか?
チャレンジすることはいいのですが、
それが新たなストレスになり、挫折し、
そんな自分を責めてしまう。

前出の髪のクセと同じで、
自分ではイヤだと思っているところが
周りからはとても好印象だったりもします。
自分のことは一方向からしか見ていないもので、
他人は多方向から見ているのです。

そう、髪の毛のことだと、「前髪」しか見ていなくて、
「頭頂部、後頭部」は見えないのです。

たとえば・・・

隣のデスクの同僚のように、
社交的で誰とでも話せるようになりたい。
なのに自分は引っ込み思案で、まるでダメ!・・・
と思っています。
ところが、周りの評価はとても落ち着きがあり、
思慮深いと思われていたりします。

誰かと同じになることより、
自分のクセを生かすことをしましょう。
そちらの方がはるかに自分にとって楽で、
まわりにも自然なあなたです。

それがあなたの個性です。

それが本当に「ありのまま」のあなたなのです。